シンガポールの銀座カラーの出店情報や口コミの紹介

国内のみならず海外でも多くの店舗を持つ銀座カラーは、シンガポールにも2つの店舗があります。出店理由や実際にお店に行った方の口コミを紹介します。

剃り残しがあるとどうなるの?銀座カラーの施術前に行う大切なこと

Posted by gowi4gkemw on 2017年5月29日

剃り残しは施術出来ないの?銀座カラーでスムーズに脱毛

多くの脱毛サロンでは施術前に、自己処理をしてくるようスタッフさんから言われます。しかし剃り残しがあったため、シェービング代がかかってしまったという悲しい噂があるのが現状です。その点銀座カラーでは、シェービング代はかかりません。

正確に言うと襟足や背中のように、自分で剃りにくい部分に限り無料のシェービングサービスを行ってくれるというものです。銀座カラーの場合は、手が届く腕などの剃り残し部分は施術が出来ないので、きっちり自己処理をするようにしましょう。場合によっては、次回に施術が延期することもあります。

無制限コースなら良いですが、回数制のコースの方は1回分を消化してしまうことになります。もったいないので気を付けておきましょう。

剃り残しが無いように!銀座カラーですべき自己処理の部位

公式ホームページにも「脱毛前の自己処理は細かい所まで、ていねいに」と記載されているので、剃り残しは無いようにすることが大切です。銀座カラーに限った話ではなく、どこの脱毛サロンでもきっちりセルフ脱毛をしておくようにしましょう。

手が届かない部分は無料で行ってもらえますが、出来る範囲は事前にシェービングしておくと良いです。手が届く腕や脚は、必ず綺麗にしておくようにしましょう。顔や脇、ビキニライン等も自己処理をする部分になります。

意外と忘れがちなのが、手や指の毛です。細かい部分になりますが丁寧に剃っておくことが大切です。

銀座カラーで剃り残しがあった時のシェービングについて

もし剃り残しがあった場合でも、襟足やヒップ下のように手が届きにくい部分は、シェービングしてもらえるという話をしました。この時に重要なのは、電気シェーバーを自分で用意することです。

お店にもパナソニックのフェリエというシェーバーが販売されていますが、少し値段が高いので事前に買っておくと良いでしょう。電気屋さんやアマゾン等でも、フェリエは販売されています。

家に電気シェーバーがある場合は、I型の顔剃りタイプなら持って行くことが可能です。体用の電気シェーバーやカミソリは、シェービングで使ってもらえません。

購入する場合も、お手持ちの物を持参する場合も、前もってシェービングで使用出来るかスタッフさんに聞くようにしましょう。施術日当日に使えないことがわかり、店頭で買い直しなんてことにならないためです。

参考 シンガポールの銀座カラーの出店情報や口コミの紹介


Filed Under: - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top